登山初心者でも気軽に登れるってほんと?高尾山に登ってみましたよ

どうもこんにちは!足立区ブロガーのポテトです!

今日は登山初心者の僕が、高尾山に登ったときの話をしますよ。

 

5/3のゴールデンウィークに登りました。

ある日同僚から5/3は空けといてねと誘われました。何をするのかは謎のまま、嫁さんに許可を得て時間だけが過ぎていきます。

 

「高尾山登りたいんだよね」と同僚。高尾さん?だれそれ?
え?高尾山?おういぇお山ね。登る?登山?ドM?

まあでも同僚の言うことには逆らえない僕は。同僚四人で高尾山に登り、そのあとお酒を飲みに行くことが決定したのです。

スノーボード好きなので雪山は好きだが、雪がない山なんて楽しいのだろうかと僕は思っていました。

しかも!3日のみピンポイントで雨マーク!
雨男だなんだのと僕のせいにされつつ、当日を迎えました。

 

朝七時頃…地元の足立は大雨…
今日、中止!と思いながらLINEを眺めます。

同僚からは「行ってみよう」と。
いやいやいやまさか!厳しいんじゃない?雨雲レーダーを見る感じ止むのは13時過ぎだよ。ドM?
8時、外を見ると小雨に。いやいやここと山の天気じゃ全く違うよねーとか思いつつ。
山の天気はすぐ移り変わるっていうし、大雨降るんじゃね?ドM?

 

まあなんだかんだ11時に高尾山口駅集合だったため
8:30には家を出発。荷物になるし、折り畳み傘で充分か…と思ってさして外に出るとあれ?降ってない。
幸先いいね!と思いながら最寄りの西新井駅へ。

高尾山に向かう電車の中、窓の外をぼんやりと眺めていると空がどんどん良い天気に。
やはり僕は晴れ男なんだと再認識しながら高尾山口に到着しました。日ごろの行いの良さが影響していますね。

軽装備でいけます!

山登りなんて中二の時の富士山以来。

雨のあとで滑りそうだし
どんな装備がいいのかとネットで情報を拾い集めた結果。
半袖、膝下のズボン。スニーカーという軽装。リュックには汗をかくことを予想して着替え一式とタオルと飲みもの。(汗拭きシートは忘れてしまった)

そしてあると便利なビニール袋とウェットティッシュ。こんなので良いのかなと思って周りを見ても皆そんな感じでした。
ステッキ?みたいな支えの棒を持つ人もほとんど見かけませんでした。

高尾山口駅で11時に集合。
トイレを済まし、マップでルートを確認。色々なコースがあり、他の山へ続く5時間ルートなんてものもありましたが。
僕たちは90分で行ける登り専用ルートにしました。

ちなみにそんなに歩けないよという人はケーブルカーもありますのでご安心くださいね。

11:30程で駅から出発し頂上に着いたのは12:30くらい

山なので、きついのだろうなと思っていましたが、歩き易くてすいすい登れましたよ。(コースによるかもしれません)

周りを見ると川が流れていたり、緑であふれていて、時々ウグイスの声が聞こえたりと、歩いていて気持ちが良かったです。雨が止んだ後で多少ぬかるんでいましたが、大きく気にする程ではありませんでした。

ただ靴は汚れるので、もし行くなら汚れてもよいスニーカーなどの歩きやすいものをおすすめします。(特に雨のあと)

そして頂上「あれ?思ったよりも疲れないし、息切れもしてない」と思う程度なのに自分の足で登りきった達成感を味わうことができますよ。(もちろん個人差はあるでしょう)

お昼の時間でお腹が空いたので早速お店のメニューをチェック!
どれもおいしそうじゃあないですか。どれにしようかな…。

とりあえず景色を眺めようよと言われました(笑)
一時間ちょっとでこの光景、それだけでもまた来たいと思いました。

お昼ごはん

お昼は山菜とろろ蕎麦


景色を堪能したあとはお楽しみのお昼ご飯。
これがまたおいしい!山菜がとっても良い味出してるんですよ。とろろも入ってるのでなめらかでもはやそばは飲み物?と言いたくなるくらいののど越しでした。(汁も飲み干しました)

風が気持ちよくてつい長居してしまいました。
とにかく高尾山いいねと呟いていた気がします。

そして店を出てからフランクフルトを購入し、二回目のお昼ご飯(笑)
お昼ご飯実は買ってあったんです。

写真は同僚がコンビニにあったおにぎりをとりあえず全種類一個ずつ買ったもの。蕎麦食べたあとに更に食べすぎだろ…(笑)

 

そんなこんなで楽しい時間が過ぎていくと
「降りたくないね」と始まる訳ですよ。
居心地が良すぎるんです。

でも時間はもう午後の三時。このままでは居酒屋に行く時間がなくなってしまうと意を決して下山コースヘ。
つり橋があるというコースを下りました。

下りのほうが辛いよね。

登りは頂上という目標があるけれど
下りはただ帰るという目的しかないため、気持ち的にも重力的にも辛いもの。ただ途中にケーブルカーがあります。なんとリフトもあってそれでも降りることもできるようでした。(リフトは怖いかもしれません)

僕たちはおいしいビールを飲むため(僕はビールは飲みませんが)歩いて下山することを決意して降りていきます。

ケーブルカーの駅周辺ではバーベキューができる場所までありました。
僕は豆腐アイスで糖分補給。少し甘い冷たい豆腐!という感じでした。豆腐好きにはたまらない。

さあそしてまた下山していきます。
途中走ったり、転んだりしているともう駅に到着。
下りのほうが早く感じますね。
いやーでも楽しかった。

高尾山の良いところをまとめてみました。

・とっても登りやすく、けれども達成感を味わえる。
一時間と少しで頂上に行けるのは魅力ですよね。小学生の子なら普通に登れていました。

・頂上の景色が良い!
それを見るだけで登って良かったと思えます。

・頂上で食べると何でもおいしい!
お店の蕎麦はとてもおいしかったです。
でも頂上で食べるとコンビニのおにぎりでも特別おいしく感じることができますよ。

今回登ってみて
初めて高尾山に登ってみて、高尾山の人気の意味を知れた気がしました。
季節によって感じかたが違うと思いますが、春の山登り、おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です