ペンギンもいて700円!家族で葛西臨海公園にある「葛西臨海水族園」に行きました!

こんにちはー!足立区ブロガーのポテトです。

今回は嫁さんが実家に帰ってるということで(けんかが理由ではありませんよ?)僕も自転車で帰れる実家へ行きました。

実家では最近車を買ったということで車でどこかへ連れてってもらうことに。(自分で運転する気はありません)(笑)

どこ行こうかーと悩んだ末、近くて安い水族館の「葛西臨海水族園」に行くことにしました。

大人になった今、父と母と弟と行く水族館。周りを見てもなかなかない光景だよなと思いながらも水族館自体が好きなのでわくわく。

そしてうちの家族は仲が良いよなと再認識しながら20~30分くらいで(高速道路も使用して)葛西臨海公園へ。

ジンベエザメやホオジロザメなどの大きなさめやイルカなどはいないけれど、ペンギンはいるし、迫力のあるまぐろの群れもいて700円!

お子さんのいる家族にも、カップルにも、友だち同士にもおすすめできる「葛西臨海水族園」のことを紹介いたします!

 

葛西臨海水族園

僕は先ず、水族館ではなく何故水族園なのだろうかと感じました。

調べてみるとはっきりはしていないけれど、建物内の水槽展示がメインだと水族館。

水槽展示以外にもイルカなどの海獣類やペンギンなどの屋外展示もあると水族園と言われるようです。

それを考えると水族館よりも水族園のほうが多く存在していることになりますね。

まあどちらでも良いよと言われたらそうなのですが。

葛西臨海水族園ではペンギンの大きな屋外展示場があるからこそ水族園と名乗っているのかなぁと思いますね。(一度ペンギンが脱走して大騒ぎになりましたよね)

そんな葛西臨海水族園(葛西臨海公園)は入場料が大人700円、中学生250円、小学生以下はなんと無料!

小学生以下ということは小学生も含まれるので、六年生まで無料ということです。子どものいる家庭は特に嬉しいですよね!

ちなみに年間パスポートは2800円なので、大人であれば一年に4回来れば元はとれますね。中学生の方は12回来ないと元がとれないので、あまり必要ないかもしれませんね。

駐車場(葛西臨海公園)は普通車では一時間200円、それからは30分ごとに100円なので、割と良心的ではないかと思います。

僕も知らなかったのですが、祝祭日以外の水曜日は休館日なので要注意です!(年末年始も休み)

 

水族園内

葛西臨海公園内を水族園に向かって歩いていると

このような建物が見えてきます。

建物の周りにはなんと言いますか。水が溜まってます(笑)

とっても暑いけどなんとなく涼しい気分になれます。向こうの方には海が見えているので、景色も良いです。

海外からこられた方たちはそこから遠くを眺めるだけでも楽しそうにしていましたよ!

 

この手前に券売機(窓口もあります)があり、入場券を買って、注意事項などを読んでから入るわけです。

このドーム状の建物の中にあるエスカレーターを降りると水族園に到着です。

 

ここからは順不同です。

なんかおっきい魚。人が多すぎて説明が読めない。おっきな魚ってよく分かんなくても目を引きますよね。

 

青い魚がきれいだなーと思って撮った水槽。やはり人が多く、前のほうで撮れません。

祝祭日に水族館に行くべきではないかも…。いや、どこでも混みますね。

 

水槽きれいじゃないですか?魚よりもレイアウトがきれいだなーと思いました。

魚だけではなく、水槽の中の作りにも注目してみると更に楽しめるかもしれませんよ。

 

おっきい海藻。子どもの時は全く見なかったけど、改めて見るとすごい迫力、そしてきれいでした。

この海藻の名前は忘れましたが、40メートルほどの大きさにもなるようですよ!すごいですね…。

 

屋外にあるペンギン展示コーナー。

僕はあんなにかわいい見た目なのに、鳴き声は全くかわいくないペンギンが好きです。

あんなよちよち歩いていてかわいいけど実は足が長くて、いつも膝を曲げて歩いているような状態であるペンギンが好きです。(きっと足を伸ばした瞬間かわいくない生物へと変態するのでしょう)

やはりペンギンは癒されますよね。

 

葛西臨海水族園イチオシのマグロがいるアクアシアターです。

ここはドーナツ型の水槽で、ぐるっと一周が水槽になっているのです。おっきなマグロがたくさん泳いでいるのは迫力がありますよ!
えさやりのシーンなんか特に迫力があるので、おすすめですよ!一日に数回やるみたいですので、チェックしてみてください。

空いていれば座れるので、時間を忘れてマグロを眺めるのも良いと思いますよ!

 

写真は撮っていませんが、他にも色々見どころがあります。

・えさやりタイム

マグロだけではなくペンギンなどにもえさをあげつつ、解説してくれますので見どころですね。

・タッチコーナー

ヒトデやうになどに触れます。それだけでなく、サメやエイにも触れるんです!わくわくしませんか?

・水辺の自然

前はおまけのように感じた出る道にあるコーナー。
でも自然の形を残したままで魚を展示しているあたり、実はかなり凝っているのではと最近気づきました。見てて癒されるのでおすすめ!川あそびしたくなります。

 

レストランもあります。

着いたのが12:00くらいだったので、見て回るのを終える頃には腹ペコ。水族園内にあるレストラン「シーウィンド」へ行きました。

そこで食べたのが

まぐろカツカレー850円。

まあ可もなく不可もなくな感じです。こういうところで食べるものとしては普通ですかね。ボリュームはそれなりにありました。

僕は食べませんでしたが、ケーキや杏仁豆腐などのデザートもありました。
夏はかき氷もあるみたいですね。

ラストオーダーは16:30のようです。

 

お土産屋もあります。

水族園に入らずともお土産ショップがあるんですけど、しっかりと水族園内の案内に沿って見ていくと必ず園内のお土産ショップにたどり着きます。

おかしやぬいぐるみなど色々売ってますが、その中に本も売っており、とても気になる本がありました。

図鑑、12000円(笑) もう逆にほしくなる値段(笑) 気になりますよね!

 

まとめ

これだけの見どころがあって700円!安いですよね。

場所的にもまあまあ行きやすいと思うので、どこに行こうか困ったときにはここに行くのも良いのではないでしょうか。おすすめです。

 

友だち、家族、恋人
自分の大切な人たちとぜひ楽しんでください。

 

 

「葛西臨海水族園」の情報
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
電話番号:03-3869-5152
開園時間:9:30~17:00(発券は16:00まで)
休園日:水曜日(祝祭日以外) 年末年始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です