生後5ヶ月を過ぎた我が子

僕はパパである。

まだパパ歴5ヶ月とちょっとという、若パパである。

 

我が子、赤ちゃんのかわいさを伝えたい。

 

寝返り返り

我が子は4ヶ月になるころに寝返りをマスターした。

しかし、寝返りからまた戻る。寝返り返りに関しては練習中。

 

時々運良く寝返り返りに成功したと思うと、その時のごろん!っと返る勢いがすさまじく速く、本人も何が起こったか分からないという顔をしている。

 

そこがとてもかわいいのである。

あのつぶらな瞳できょとんとした表情で見つめられたらたまらないのである。

超かわいい。

 

最近ではだいぶ寝返り返りもいたにつき、移動手段にも用いるほどである。

 

ころころ転がる姿も悶絶するくらいかわいいのである。

 

ずりばい

ハイハイのように手足を動かして進むのではなく、腕の力で進むのがずりばいである。

 

5ヶ月になったばかりの時はまだまだずりばいがうまく行かず、手足を伸ばして飛行機のようにバタバタするだけなのである。

それがまたかわいいのだ。

 

おいで!と手を広げるとこちらを見て必死にパタパタ。

進めないけれどしっかり行こうとする意志が見えるのである。

かわいい。

 

更にそれが進化し、うつぶせの状態で丸まったと思うと体を伸ばして進むようになったのだ。

しかし、たまに下がる。自分でも不思議な表情を見せる。

かわいすぎる。

 

最近では足をばたばたさせて少しずつ進む。

かわいいので思わず抱き締めてしまう。

それほどかわいいのである。

 

おすわり

まだ座ることはできない。

しかし、少し支えるだけで座ることができるようになった。

 

支えずにいるとかなり前のめりではあるが、なんとなく座っている。

体を伸ばすと転がってしまうのだが、それもかわいい。

座っていると「なんだこれ?」と思っているのか、自分の足を永遠といじいじしている。

そのしぐさもかわいいのである。

 

膝に乗せて座らせると頭があごの所にくる。

まだハゲている頭が、首のムチムチがいとおしいのである。

そしてぎゅうっと後ろから抱き締める。時々窮屈さが嫌なのか拒むような姿がある。

それもかわいいのである。

 

喃語

時々しゃべることがある。

もちろん「あー」とか「うー」とか、言葉にはなっていない喃語である。

 

でも時々「◯◯だよね?」みたいな言葉に対して今絶対に「は~い」って言ったよね?みたいな発声をすることがある。

やはり赤ちゃんはおもしろい。そして何よりかわいいのである。

 

よく笑う

我が子はよく笑う。

腕を伸ばして最近流行りのTT兄弟をさせると笑う。

我が子のお笑いの嗜好は心配であるが、そこは好みなので父としては見守るばかりである。(自分も実は嫌いではない)

 

そして何がツボに入るかは分からないが、時々爆笑するのである。

大人の発音によっておもしろいポイントがあるようだ。

 

一度声を上げて笑うと、しばらく同じことで繰り返し笑う。かわいい。

飽きると笑わなくなる。かわいい。

 

ブクブク

最近ぶぅ!と唾を口からカニのように吹き出す。

我が子の唾、よだれはちっとも汚くない不思議。というかうんちもおしっこも我が子のであれば何も汚く感じないのだが(臭いのは臭い)

 

ブクブクと吹き出す時に膨らむほっぺがなんとも言えないかわいさなのである。

もしかしたらもうすぐ歯が生えてくるのかな?楽しみである。

 

まとめ

赤ちゃんはかわいい。そしておもしろい。

 

かわいいは正義。まさしくそれである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です