【山梨県】日帰り旅行。甲州名物「ほうとう」がボリューミーでとってもおいしいお店「小作(県立美術館前店)」に行きました!

こんにちはー!足立区ブロガーのポテトです。

【山梨県】日帰り旅行。道の駅勝山と河口湖オルゴールの森美術館へ行ってみました。

前記事に書いた通り、道の駅と河口湖オルゴールの森美術館を楽しんだ我々ポテト一行。

お腹が空いたので、当初の目的の1つである。甲州名物ほうとうを食べに行きました。
(先輩が「俺の連れていく店に間違いはない」と言うのがかなり癇に障りましたが)

 

そこで待っていたものは、超ボリューミーなおいしいほうとうだったのです…。

 

ほうとう屋さん「小作」

僕らは先輩がおすすめする小作というお店の県立美術館前店に行きました。

ここは駐車場が斜めに止める感じになっているため、大きい車だったり、自信がない方はいささか心配かもしれませんので注意です。

 

ここに着いた時は約14:00

店の前に座っている人がいたので混んでるかと思いきや空いていました。(完全に休憩していただかのおじいちゃんに騙されました)

 

四人すぐに案内してもらえました。

店内、店外の様子は全く撮っておりません!(笑)

同僚にはブログをやっていることは秘密なのです。

 

出てきたお水は温くて文句の1つも言いたい所でしたが、周りの空気を悪くする訳にもいかないため無駄に空気を読みました。大人な対応ができた自分をほめてやりたい。

 

ほうとう

ここに来るまでに僕は冷たいほうとうがないのかという話をしていたのです。

何故なら僕は基本的にそうめん、うどん、そばらは冷たいのがお好み。

冷たいほうとうがあればそれにしたいなーと漠然と考えていました。

 

冷たいほうとうってイメージないよねーとか話していたら

ありました

冷たいほうとうのことは「おざら」というみたいですね。

そばのざるみたいな感じでしょうか。(麺の下に氷が敷いてあって、冷えていました)

僕はおざらCセット(うなぎの小丼つき)1300円を注文しました。

 

このつけ麺スタイルのほうとう

目茶苦茶おいしかった!

猫舌の人間にはとっても嬉しいやーつ!ゆっくり食べても伸びないから味わって食べられます。

麺にはコシといいますか、食べごたえがあってお腹にたまる上にとてもおいしいものでした。
汁もうまいんだこれが、飲み干しました。

また食べたい!

 

そして今回アシスタントに徹しているうなぎですが、これも

かなりおいしい!

特にタレが最高でした。

甘くておいしいんです。

うなぎなくても米だけでいける(笑)

うなぎも臭みが少なくておいしかったですよ。

 

暑いタイプのほうとう

同僚から少しもらいましたが、これまたかなりおいしかった。

どちらかというと汁を吸ってることもあってかモチモチな印象をうけました。

冷たいほうもなかなかの量でお腹がいっぱいになりましたが、暑いほうはかぼちゃ(かなり大きい)やじゃがいも、里芋などまたお腹にくる野菜ばかり。

渡る世間はいもばかりという感じでしたね。(見てただけですが)

麺よりも野菜でお腹いっぱいになると言ったのは僕の偉大な先輩(おごってはくれない)です。

 

どれもおいしかったので完全に好みで選ぶべきだと思いました!

 

まとめ

ほうとうはここら辺では名物のようです。

やはり旅行と言ったら観光地の名物を食べてこそ更に旅をしているんだなと感じられると思うので、ぜひ食べて頂きたいです!

 

「小作(県立美術館前店)」の情報

住所:山梨県甲府市貢川1-3-15
電話番号:055-226-3344
営業時間:11:00~21:00(20:30ラストオーダー)
駐車場8台

 

最終章始めました!

【山梨県】から【神奈川県】へ。日帰りで二県攻めてみました。新江ノ島水族館でイルカショーと魚鑑賞からの花火!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です