上野と言ったら動物園!「上野動物園」で遠足気分。

こんにちはー!足立区パパブロガーのポテトです。

 

今回は日比谷線直通の東武スカイツリーラインに乗って、上野に行ったのですが、上野と言ったらそう「上野動物園」に行きました。

 

何と言っても上野動物園の魅力は大人600円という安さ!(パンダは見れなかったので、あえてパンダとは言わない)

 

息子(生後4ヶ月)にとって初めてになる動物園に家族三人で行ってきたので、感想をお伝えします。

 

上野動物園

先ず、チケットを買います。

大人は1枚600円です。この規模で600円は安い。

 

チケットはそれぞれ違う絵柄だったりするので一緒に行った人とケンカしないようにしましょうね。

 

僕らは見れそうならパンダ(シャンシャン)を見ようと思って入ったのですが、なかなかの行列であり、約20分待ちとのこと。

大人だけならまだしも、赤子を連れているので今回はやめておきました。(後に60分待ちの時もあったようです)

 

東園と西園をつなぐイソップ橋の途中にあったのですが、塀のないパンダのゾーンを建設中でいて、今よりも見やすくなるようです。

完成は2020年の3月を予定しているようなので、シャンシャンはもう割りと大きくなってそうですけど(笑)

 

上野動物園の動物たち

これからは順不同で印象に残った動物たちを紹介したいと思います。

 

東園

僕ら夫婦の中で一番かわいいと評判だったプレーリードッグ。

かわいいでしょう?

なんか尻尾をプルプルさせてた姿が超絶かわいくてずっと眺めてました。

 

ぞう。でっかいぞう。とか言わない約束なのをあえて破って言うお約束。

 

体重3876キログラムと書いてあり、生まれたばかりの人間の赤ちゃんであれば1000人以上分かぁと何故かしみじみ考えていました。

う◯ちがでかい!

 

さる山にも行きましたよ。

体重をさるたちが測っていました。

一匹の時は7.2キログラムで、もう一匹乗ったらこの14.4キログラム。偶然同じ体重のさるが乗った様子に微妙にテンションが上がりました。

 

遠足で来ていた男の子が「体重90キロだって!」と言っていたのには笑ってしまいました。

 

しろくまとよく呼ばれるホッキョクグマもいます。

地下から見えるようになっていて、泳ぐ様子が見られます。

見た目はもふもふでかわいいけれど、戦闘力はかわいくないのでしょうね

 

トラの檻には骨になってしまったトラが………な訳なくて

別の場所にいました。

ちょうどう◯ちをしてたのですが、する前に穴掘るんですよ。猫と一緒で。

それでね。終えた後に埋める仕草があるだろうなぁと思ったらないんですよ。

思わずつっこむ僕。

 

皆大好きゴリラを見に行くと………ん?毛布かけて寝てる!

ゴリラ毛布かけるのか!その人間くささに周りの人たちも暖かい笑み。

ちょっと肌寒いのかな。

 

起きてるゴリラも見たいなと思って移動すると

皆寝てる!(笑)

 

季節的に仕方ないのかな?

まあでもあくびしたりと貴重な姿が見られました。

 

西園

 

ペンギンがいます。

一羽だけじゃぶじゃぶ泳いでいましたが、他は全部固まってました(笑)

 

フラミンゴは鮮やかだなあ。

ってか遠いわ。もっと近くにおいでよどうぶつの森。

 

オカピはまだ外に出られないそう。

個人的にけっこう好き。こう見えてしまうまの仲間ではなく、実はキリンの仲間というところが好き。

かわいい。

 

キリン。

一生懸命葉っぱを食べようとしているけど食べられないという切ない場面を撮影してしまいました。

 

そして野放しの珍しいタイプのペンギン。

踏みつけても文句は言われません。

 

 

 

子ども動物園すてっぷ

ふれあいコーナーの場所が変わり、それにあたる「子ども動物園すてっぷ」という場所ができていました。

 

分かりづらいけどぶたさん。

豚を見るとなんとなく「千と千尋の神隠し」を思い出してしまうのは僕だけではないはず。

 

馬もいます。

馬、かわいいですよね?

 

ラマもいます。隣にはアルパカがいました。

 

にわとりがきれいでまじまじと眺めてしまいました。

 

うさぎもいます。

この座り方かわいいですよね。

うさぎのもふもふ感、たまらない!

 

ふれあいコーナー

子ども動物園すてっぷでは、時間によってモルモットやうさぎと触れあうこともできるようです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

モノレール

上野動物園には、東園と西園を結ぶイソップ橋があります。

この橋が意外と歩くのですよ。小さな子どもやお年寄りにはやさしくない。そんなときにはモノレールを使用するという手もあります。

モノレールは東園と西園を行来しているのです。

 

ただ注意してほしいのは、入園料とは別でお金がかかるということ

  • 大人150円(中学生以上)
  • 小児80円(2歳以上)

かかりますので気をつけてくださいね。

 

特に小さなお子さんは乗りたくなりますよね。

なかなか混雑している可能性が高いですので、お父さんとお母さん、がんばってくださいね!

 

上野動物園の場所、開園時間、入園料など

住所:東京都台東区上野公園9-83

電話番号:03-3828-5171

開園時間:9時30分~17時(入園および入園券・年間パスポートの販売は16時まで)

休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)、年末年始(12月29日~翌年1月1日)

入園料:一般600円、65歳以上300円、中学生:200円

都内在住・在学の中学生=無料

小学6年生まで=無料

年間パスポート:一般2400円、65歳以上1200円

 

まとめ

なんと言っても上野動物園の良いところは入園料が安い!

それなのにさまざまな動物がいて、楽しめるので本当にお得ですよね。

 

足立区からも東武スカイツリーラインの日比谷線直通の電車に乗ればすぐですので、ぜひ1度は行ってみてください。

行ったことがある人も、久しぶりに上野動物園であそんでみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です